役に立つバレエ情報

  1. タンジュの大切さ

    こんにちは。講師のゆうです。

    今回はバレエでとても大切な、ダンジュのお話を少ししたいと思います。
    バレエのバーレッスンでも初めはプリエの次は必ずタンジュと進んでいきます。その位タンジュは大切です。足を出して戻す運動、一見単純で簡単そうに見える動きですが、このタンジュの良し悪しでバレエの出来を大きく左右します。
    デガジェやグランバットマン,グリッサード等全てタンジュを通過してから行われていますよね。
    タンジュは「張った」と言う意味です。
    両脚にかかっていた体重を軸足にシフトすると同時に、片足を膝を曲げないで張ったまま脚をだす動きです。 前へ出すなら踵から押し出すように、横へ出すなら膝の方向へ、後ろへ出すならつま先から出していきます。つま先が床から離れないギリギリのところまで滑らせ、戻すを繰り返します。
    私はタンジュは、力を出す向きが大切だと思っています。脚全体がスパイラルしながら、自分の側へギュッと縮めるのではなく、遠くへもっともっと伸びていくイメージや足の付け根側と踵・つま先側の両端がグーっと引っ張り合いながら伸びていくイメージをもって行うといいと思います。
    そうする事で大きな筋肉ではなく、バレリーナの細長い筋肉も着きます。
    皆さんも次のレッスンで意識してみてくださいね。
    ゆう先生
    千葉県出身。
    2008年より、クラシックバレエを谷みきこに師事。
    2014年 カナダのArts Umbrella Dance 留学、
    翌年にカナダ、Coastal City Balletに入団。
    主なレパートリーに「ジゼル」よりジゼル、「白鳥の湖」より四羽の白鳥。
    2017年より新潟市の劇場専属舞踊団Noismに所属。 金森穣振付作品の他、島地保武、平原慎太郎の作品にも出演し、海外ツアーにも参加。
    現在、ダンサーとして活動する一方で、ダンサーの為のピラティスの知識を深めている。
  2. ストレッチ&バー クラス紹介

    皆さんこんにちは!
    講師のMinami 🙂 です。
    今回は毎週火曜日 品川高輪台教室で私が教えている、
    ストレッチ&バー(11:15~12:15) の紹介ブログです! 🙂
    このクラスは30分ストレッチ、30分ゆっくり簡単な動きのバーレッスンをやります。
    日常生活で硬くなったり歪んでしまった体を少しずつほぐし、整えていきます。
    今日のレッスンの様子をちらっとお見せしちゃいます。
    ↓↓ポールを使って筋肉をほぐしています。↓↓
    ↓↓セラバンドを使って肩まわりの筋肉を動かし、プラス腕の筋肉トレーニング↓↓
      お腹の筋肉ももちろん使いますよ。
    ↓↓開脚 みなさん少しずつ柔らかくなってきましたね!↓↓
    私は体がすごく硬かったので、ストレッチは毎日続けれるよう痛みが少ない方法で筋肉をリラックスさせながらできるものをやっています。
    他にもいろいろなストレッチをしています。
    ストレッチの後はいよいよバーレッスンです!!
    ↓↓バーレッスンの様子がこちら↓↓
    バレエの基礎となる動きを生徒さんひとりひとりの体をみて注意しながらやっています。
    ↓↓最後に片手でバーを持ってパドブレ、パッセ、アラベスクをゆっくりやります。↓↓
    足がどこを通過するのか、首なども皆さん気をつけながらレッスンに励まれています。
    素敵なアラベスクですよ!!
    皆さんバランス感覚も良くなってきて教えていてすごく楽しいです。
    こんな感じでみっちり60分レッスンしています。
    素敵な日々を送って頂けるよう これからも頑張ります!
    皆さん一緒に楽しくレッスンしましょう。
    お待ちしております!
    #ballet #ballesonance #大人初心者バレエ
  3. 巻爪と運動の関連性

    こんにちは!

    巻爪に悩んでいる方が多いというのを耳にしたので、今回は巻爪についてお話したいと思います。

    バレエをやる上で巻爪は強敵と言ってもいいくらいの存在です。

    そもそも、爪は放っておくと自然に内側へ曲がろうとする性質があるため

    歩いたりすることによって常に下から圧力をかけることが、平らな爪を維持する上で重要です。

    運動不足で歩くことも少ないとなると圧力もかからないので、巻爪になってしまうということです。

    しかし、ただ歩けばいいということではなく、しっかり正しい姿勢で正しい歩き方をしないと変に負担がかかってしまい

    せっかく運動していても無駄になってしまいます。バレエのレッスンでの姿勢を普段も心掛けると自然と姿勢がよくなると思います。

    慣れるまでは、辛いかもしれませんが日常化してしまえば巻爪も治るし、姿勢も良くなるし、良いことだらけなので

    最初だけ頑張ってみるといいですね!!

    また、バレエはトウシューズを履きますよね。

    自分に合っていないトウシューズを履き続けると、巻爪の原因になります。

    自分に少しでも合わないなと思うトウシューズを履いている方は、お店でしっかりフィッティングしてから買うべきです。

    これはトウシューズに限らず、普段履くパンプスなんかも原因になります。

    オシャレは我慢って言いますが、巻爪になって痛い思いしてバレエも痛くて出来なくて…となってしまったら

    ショックですよね。

    巻爪は早々簡単に治るものではないですが、正しく適度に運動をして自分に合っている靴を履くことで解消されます。

    まず、少し多めに歩いてみることから始めてみてください!!!!

     

  4. GW特別企画!バレエがはじめてと言う方にお勧めのレッスン!5月4日 16:30-品川

    皆様

    こんにちは。2018年5月4日 16:30-品川スタジオにて超初心者様向けの

    バレエワークショップを行います!

    ところで・・・GWって皆様毎年何されてますか?

    どこに行っても混んでいて

    通常のバレエスタジオ、

    ジムとかもお休みなんでしょ?

     という方に朗報! 🙂 

    バレゾナンスは年中無休です。

    むしろいつもよりクラスが増えたりします!

    お申し込みはこちらから

    http://labellefee.com/?pid=117992526

     

    いつも何か習い事をしたいけど、時間がないし

    結局何も出来ない!という方。

    GWはバレゾナンスへお越しください! 🙂 

    バレエレッスンが是非お勧めです!

     

    高輪台駅徒歩1分

    JR品川、五反田駅からも来られます!

    117992526

     

     

    皆様のお越しをお待ちしてます!

    #ballet #ballesonance

     

  5. 7/26 日曜日  品川スタジオ 19:30-20:55 デンマーク出身のプロダンサーさんのワークショップを行います

    【プロアドバイス講座】

    海外現役バレエダンサーによるアドバイスを受けられる貴重なクラス!
    弱点を思い切って克服しましょう。
    レッスンはすべて英語です

    1レッスン ¥2500
    7月20日まで

    ○先着10名

    JEPPE JAKOBSEN先生

    「はじめまして!Jeppeです。現在はアメリカオクラホマのバレエ団に在籍しています。

    私は今回のクラスを通じバレエスキルを更に上達できるようお手伝いしたいです!」

    Jeppe Jakobsen(ヤッパヤコブセン)はデンマークオーデンセ出身。

    17歳の時スカウトされロンドンへ。

    Paul Lewis, Anna du Boisson and Aurora Boschといった多くの先生に師事。

    ウィーンバレエフェスティバルに出演しています

    お申し込みはラベルフェからお願いいたします

     

道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る