役に立つバレエ情報

  1. 2月のクラスについて

    こんにちは、講師のmarikoです。

    バレゾナンスバレエスタジオでクラスを持たせていただいてから1ヶ月経ちましたが、いつもたくさんの方に来ていただいて、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

    品川高輪台教室の月曜日11:00〜プレコンフォダブルバレエのクラスではピルエット(回る技)の練習をしています。

    顔の付け方や体の形のつくり方など1から丁寧に説明してやっています!

    今月はダブルに挑戦していきたいと思っています。どうやったら勢いがつくか、どこの力で回っているのかなど、、一緒に研究していきましょう!

    また、12:30〜の入門Aクラスではピケをたくさん練習してきましたが、そこから発展させて早く続けて回ってみたり、振付けの中に組み込み、流れの中でできるようにしていきたいです!

    そして、カトルやジュッテなど細かい足の技にも挑戦して軽やかにジャンプできるようにしていきましょう!

    皆さんのご参加お待ちしています♪

  2. バレエにもメソッド(流派)があるのはご存知ですか?by JUNKO

    1. 皆さんの中に初めて参加してみたクラス内容に混乱をしてしまった経験はございませんか?その理由の一つにバレエの世界にも茶道の世界と同じようにメソッド(流派)があるからです。

      それぞれのメソッドによってバレエの指導法、

      ポジション、パやポーズの呼び方などが若干異なるのです。

      バレゾナンスに在籍している講師は一つのメソッドに統一してないので、教え方にはかなりの違いがあると思います。

      そこで私がいつも気をつけてることがあります。

      特に新しく参加する生徒に対しては、今まで学んで来られたメソッドを尊重し、メソッドの違いを理解した上で指導するよう務めることです。

      特にバレエを初めて間もない方には、

      混乱をさけるためにも参加されるクラスのメソッドを把握しておくことをおすすめします。

      では、どのメソッドで学ぶのが良いのでしょうか!?

      それは好みです(笑)

      自分自身にしっくり、見合ったクラスに参加することが一番大切なことではないでしょうか。

      最後に私ごとですが、昨年の10月に3年かかって

      ロシア・ワガノワ・バレエアカデミーのクラシック教授法の基本プログラム全課程(1年生~8年生)を無事修了いたしまして、修了証書を頂く事ができました。

      時には眠気と戦いながら講義で書きとめたノートは私の宝でもあります。

      修了証を下さった先生に恥じないよう、

      これからも指導に励んでいければと思っております。

      今このような時代だからこそ、

      レッスンで体を思いっきり動かし、

      心を元気にしてあげれたら良いですよね♪

      Junko

     

    JUNKO:8歳よりなつみ& ユキバレエスタジオにてクラシックバレエを始める。
    17歳にてベラルーシ国立ミンスクバレエ学校に入学、卒業。ディプロマ取得。
    卒業後、ベラルーシ国立音楽コメディー劇場入団。
    その後、ベラルーシ国立ミンスクボリショイバレエ団へ移籍。
    延べ11年間、ミンスクにてクラシックバレエを学び、数々の舞台に出演。
    帰国後、NBAバレエ団に在籍し、なつみ& ユキバレエスタジオにて講師も務める。
    一般社団法人東京ラーニングアカデミー主催、バレエ講師養成講座を終了。

    #大人バレエ#大人バレエ品川#バレゾナンス東京バレエスタジオ

  3. ダンスで体幹が必要なのはなぜ?

    こんにちは!講師のあいこです

     

    体幹というのは身体の軸(芯)になります。上半身と下半身の連結部であり身体の連動性をにないます。

    そのため、しっかりと鍛えておかないと上半身と下半身の連動が上手くいきまえせん。

    「走る」や「ジャンプ」などといった動きに関しては体幹を鍛えておかないと下半身の力がうまく全身に伝わりません。
     
    ダンスでもこの体幹が鍛えられていないと全身での表現になかなか繋がりにくくなってしまいます。
    体幹を来ることのメリット
    1)安定感が増す
    体幹は様々な動きの中で身体を安定させる重要な役割があり、これがないと姿勢を安定し続けることができず、ブレてしまいます。
    2)姿勢がキレイになる
    体幹を鍛えることで体のズレを矯正する効果があるので、バランスよく筋肉を使える体になり姿勢がキレイになっていきます。
     
    体幹トレーニングは普通の筋トレと異なり、バランスを取ったり、体を支えたりするのが基本です。そのため、自然とバランス感覚が鍛えたれて、多少のことではグラつかない安定した体を作ることができます。
     
    実際のエクササイズでは様々な方法がありますが、
    バランスボールに上半身をゆっくり倒して、足を肩幅に開きひざを曲げて寝ます。
    下腹を意識しながらバランスポールを左右にゆっくりゆらします。実はこれで以前に背骨がまっすぐになり、
    インナーマッスルが使えている状態に近づきます。
    ご自身のレッスン前にお試しください。 🙂 
     

  4. 音楽と一緒に踊る

    こんにちは! 講師のゆうです。
     
    さて、踊りには欠かせない音楽。
    バレエ曲に限らず、みなさんはどのような音楽が好きですか?
    私は自分が生徒としてレッスンを受ける時、
    どんな曲を使っているのかとても気になってしまいます!
    バレエが体操にならないために、
    音楽の音どりをしっかりと聞き入れると、
    ただ振りを追うだけレッスンではなくなり、
    バレエがさらに楽しくなりますよ!
    同時に表現力も付きますね!!
    皆さんも、レッスン曲も耳に入れながら踊ってみてください!
  5. デベロッペのコツ

    こんにちは。講師のゆうです

     

    デベロッペは『発展する』という意味があるので
    5番ポジション〜クッペ〜ルティレ〜アチチュードを通過して、そして膝を遠くに延ばしてあげます。

     

     

    脚がなかなか上がらない、重たいなと感じている方は
    もしかしたら『脚で、特に太ももの力』で上げようとしているかもしれません。
    なのでそうゆう時は軸足から先ずは見直してみましょう。足の裏でしっかりと床をグッと押してあげます。
    そうすることで自然と、踵から膝裏、裏腿、背中、首、頭までが繋がり背筋が伸びた感覚があるはずです。
    『床を押した力が上に伸びる力に変わります!』
    また、上げている脚も軸足と同じ要領で、
    裏腿を遠くに押し出し、「脚をすくい上げる方向」で行ってみましょう。
    もちろん、股関節の可動域は個人差があります!
    なので無理のない範囲で挑戦してみてくださいね。

     

  6. 広い空間との繋がり

    こんにちは。講師のゆうです。
    自粛期間も開けて早くも1ヶ月が経ちましたね。
    身体の感覚は少しづつ戻ってきましたか?
    自粛期間中は私もオンラインレッスンをしていましたが、狭いところで踊ると動きも視野もどんどん狭くなりますね。
    やはり広いスタジオで、広い空間と繋がって踊るのはとても気持ち良いです!
    身体の筋肉の事を考えながらレッスンするのも勿論いいですが、
    広い空間を意識してあげるだけで、バランスがとりやすくなったり、足が上げやすくなったりします!
    自分の内側(筋肉)と同時に外側(空間)も意識してあげると更に踊りの幅が広がりますよ!
    今はスタジオも無事再開していますね。
    スタジオで思いっきり踊りましょう!
    皆様にお会い出来るのを楽しみにしています!
  7. バレエピラティス特別クラス開催です!7月23日祝日開催

     

    こんにちは。講師のゆうです。
    7月23日(木)11:00〜
    祝日特別クラスにて、ピラティスバレエのクラスを開催いたします!
    皆様はピラティスをやられた事はありますか?
    この特別クラスでは、最初45分間でウォーミングアップとしてピラティスを行なっていきます。
    ストレッチ→呼吸→エクササイズの順に行っていきます。
    エクササイズでは、骨盤を立てる意識や、お腹を引き上げる使い方、アンデオールなどをエクササイズを通じて皆様にお伝えしていきます!
    その後の40分間でバレエレッスンを行います。
    エクササイズで感じた感覚をすぐにレッスンで活かしていきましょう!
    ピラティスはやはり継続していただいた方が効果は実感できるものです。
    ですが、何か以前と違うかも?と思ったり、そのきっかけになる様なレッスンを提供できたらと思います。
    是非お越しくださいませ!!
    皆様のお越しを、お待ちしております。
  8. ピルエット綺麗に回れるようになりたい!

    こんにちは

    講師のれいらです。

    今日は、皆さんが一番練習するであろうピルエットについてお話したいと思います。

    「バレエイラスト無料」の画像検索結果

    ピルエットだけでなく、回転系全てに言えることですが「感覚」が重要です。

    いかに上手く回れたときの感覚を覚えていられるかが鍵です。

    先週は回れたのに今週全然回れないということもあると思います。

    ピルエットは個人個人で感覚が違うのですが、回転の法則みたいなのをお伝えしますので、レッスン中思い出したらやってみて下さい!

    ①真っ直ぐに立つこと

    コマと同じように軸が真っ直ぐでないと回るのは大変ですよね。

    しっかり軸足を地面に突き刺して真っ直ぐ上と下に引っ張りっこします。回っている何秒かしっかり立てると成功率がアップします。

    ②顔をつけること

    回るときに、見るところを決めてそのスポットに対して回ります。顔をつけることによって、回転にメリハリもつきますし、目も回りにくくなります。

    ただ、顔をつけるといっても顔を持っていくのは間違いです。

    右回りの場合、左肩が自分の顎の下を通過したら振り向くのですが、顔が肩を迎えに行ったらダメです。しっかり通過するのを待ってから振り向くようにしましょう。

    ③軸足を抜かさないこと

    回る前の4番の時、軸足になる脚が先に立ってしまったり、かかとが引けてしまったりしたらお尻が抜けて失敗してしまいます。

    4番から同時にパッセするようにして絶対にフライングしないようにしましょう。

    この3つのことを気をつけてやってみてください!

    あとは、練習して感覚を身に付けるのみ!

    よかったら、是非試してみて下さい!

     

  9. なぜか格闘家が集まる月曜日のストレッチクラス(笑)の紹介

    皆様

    本年も宜しくお願いいたします★

    ところで。

    男性の方の中では『ストレッチをやりたいんだけど、女性が

    多いとなんとなーく気兼ねして出来ない』

    という方多いと思います。

    そこでお勧めなのが、

    月曜日 18:30-NORICO先生による

    バレエストレッチクラス!

    なぜかは不明ですが、カンフー、空手、柔道等に生かしたいという男性が

    ここ最近多く集まっております。

    2020年の目標は前後開脚、左右開脚ということで

    バレエバーを使用して頑張ってます。

    結構ハードなんですが、生徒のKさんからは

    ストレッチのやり方がわかり自分でも出来るようになりました。

    少しずつですが開脚の角度が開くようになりました 🙂 と

    言うご意見を頂戴いたしました。

     

    少しずつ頑張っていきましょう!

    #バレゾナンス東京バレエスタジオ

    #ストレッチ教室品川

    #男性が通えるストレッチ教室

     

  10. タンジュの大切さ

    こんにちは。講師のゆうです。

    今回はバレエでとても大切な、ダンジュのお話を少ししたいと思います。
    バレエのバーレッスンでも初めはプリエの次は必ずタンジュと進んでいきます。その位タンジュは大切です。足を出して戻す運動、一見単純で簡単そうに見える動きですが、このタンジュの良し悪しでバレエの出来を大きく左右します。
    デガジェやグランバットマン,グリッサード等全てタンジュを通過してから行われていますよね。
    タンジュは「張った」と言う意味です。
    両脚にかかっていた体重を軸足にシフトすると同時に、片足を膝を曲げないで張ったまま脚をだす動きです。 前へ出すなら踵から押し出すように、横へ出すなら膝の方向へ、後ろへ出すならつま先から出していきます。つま先が床から離れないギリギリのところまで滑らせ、戻すを繰り返します。
    私はタンジュは、力を出す向きが大切だと思っています。脚全体がスパイラルしながら、自分の側へギュッと縮めるのではなく、遠くへもっともっと伸びていくイメージや足の付け根側と踵・つま先側の両端がグーっと引っ張り合いながら伸びていくイメージをもって行うといいと思います。
    そうする事で大きな筋肉ではなく、バレリーナの細長い筋肉も着きます。
    皆さんも次のレッスンで意識してみてくださいね。
    ゆう先生
    千葉県出身。
    2008年より、クラシックバレエを谷みきこに師事。
    2014年 カナダのArts Umbrella Dance 留学、
    翌年にカナダ、Coastal City Balletに入団。
    主なレパートリーに「ジゼル」よりジゼル、「白鳥の湖」より四羽の白鳥。
    2017年より新潟市の劇場専属舞踊団Noismに所属。 金森穣振付作品の他、島地保武、平原慎太郎の作品にも出演し、海外ツアーにも参加。
    現在、ダンサーとして活動する一方で、ダンサーの為のピラティスの知識を深めている。
道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00。土曜12:00~19:00。日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る