ピルエットに繋がるバーレッスンを

Renaです。バレゾナンスに来てあっという間に5ヶ月くらいたちます。月日が流れるのは本当に早いです。カラダもそんなスピードで衰えていくのだろうか、、、?

いやいや、だからレッスンするのです!カラダを動かすと、体力消耗していきそうですが、私は逆だと思っています。カラダにたまった老廃物を汗とともに流し、と同時にストレスを発散するのです。

意識を自分のカラダの中にも外にも集中するから、バレエは‘本当に‘カラダを動かす運動だと思います。

さて、三月ももう終わりに近づいていますが、私が担当する入門AクラスとBクラスでは今月、どちらのクラスでもアンデダンピルエットをテーマにレッスンを組んでいます。

まずバーレッスンの間にも、足をロンドジャンプしたり、アンレールや、足を外からパセに持ってくる動きを取り入れてみたり、アンデオールピルエットにつながるものを入れるようにしています。

軸足にきちんとのらなければならないのはもちろんのこと、上半身もふにゃふにゃしていたのでは絶対にたてません。ですからバーレッスンのときから、脇をしっかりたてて自分の体を持ち上げ(←いわゆる‘引き上げ‘)支えることも同時に練習しています。やはりカラダは全部つながっていますから、この部分だけちゃんと形になっていればできる、というわけではありません。全部がつながると、面白いくらいバランスがとれるようになってくると思いますよ!

センターレッスンでは、タンジュ、アダジオなどの中にアンデダンピルエットに入る練習の動きを入れたりしています。Aクラスではパの最後にわかりやすく入れたり、アンデダンピルエットだけを練習したりもします。Bクラスでは、動きの中で自然にアンデダンピルエットが出てくるようになっていたり、他の動きとも組み合わせて出てきたりします。

アンデダンピルエットは苦手意識のある方もたくさんいらっしゃると思いますが、やはり練習はしないといつまでもできるようにはならないので、4月も引き続き取り入れていくので、良かったらぜひ練習をしにクラスをのぞいてみてくださいね☆

 

Rena

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00 土曜12:00~19:00 日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る