デベロッペはアンディオールを意識して

こんにちは、講師のフユコです。

今日の一番の感激は、デベロッペが随分とキレイになったということ☆

皆さんアンディオールを意識してくれているので、ヘンな筋肉を使わずにできるようになってきました。

 

パッセから脚を伸ばすとき、どうしても外の筋肉を使ってエイッと上げてしまう方が多いです。

そうすると下ろすときも、筋肉でコントロールしづらくなり、重力に任せてバサッと落ちてしまいます。

 

前デベロッペで説明します。

パッセから前アチチュードを作りますね。

この時自然と膝は外向き、アンディオールの状態になっています。

そのまま内転筋を使って、膝は外に向いたまま伸ばして下さい。

難しいので、始めは意識するだけでも構いません。

伸ばすときに膝を上向きにしてしまうと、

上げた脚をキープするために、今度はももの上をガチガチにして使うことになってしまいます。

これがクセづいてしまうともったいない!

バレエは常にアンディオールを意識しましょう。

上げる脚の高さは低くていいですから、正しい使い方を体に覚えさせていって下さいね。

 

来週は発表会本番のため、月曜レッスンはお休みです。

本日もお疲れ様でした!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00 土曜12:00~19:00 日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る