BLOG

様々なバリエーションを踊る大切さ

普段のレッスンで、実際ある作品の中からバリエーションをピックアップすることがあります。

そうすると、今までと違ったアプローチの仕方を発見することができます。

例えば「眠れる森の美女」のオーロラ姫だったら気品あふれる仕草。

「パキータ」だったら凛とした強さ。

「ジゼル」だったら村娘のはつらつとした様子。

首の角度やアームスの使い方が違ってくるので、それぞれの個性を理解すると踊りに幅が広がりますし、

舞台や映像の見方もいろいろな解釈ができるようになり、とても楽しいです♪

これからもレッスンの中に少しずつ取り入れていこうと思ってます。

フユコでした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る