ストレッチで呼吸が大事な理由

講師のあいこです!

ストレッチを行う際は、しっかり呼吸を繰り返すことでより効果が高まると言われています。
呼吸において、吸う時は交感神経が、吐く時は副交感神経が優位になるためしっかり吐くときに筋肉を伸ばすと伸びやすいと言われています。
腹式呼吸は体内に取り込む酸素量が多くなり、ストレッチ時によく使われます。
胸式呼吸も心身をリフレッシュさせるなどの効果があることとインナーマッスルを活用できるため、私のクラスでは、割と胸式呼吸を意識ています。

胸式呼吸の準備としては、
床に寝て、骨盤ニュートラル
息を吸いながらお腹/胸の順番に膨らませ、しっかり吸った後
ゆっくり胸/お腹の順番にはきだします。お腹をぺったんこの状態にしたら、
お腹はしめたまま、胸だけで吸ってはいてを繰り返します。
そこからエクササイズを始めます。

この意識で数種類のエクササイズをこなしていくうちに体の芯が作られ
体が軽くなります。お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00 土曜12:00~19:00 日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る