ピルエット綺麗に回れるようになりたい!

こんにちは

講師のれいらです。

今日は、皆さんが一番練習するであろうピルエットについてお話したいと思います。

「バレエイラスト無料」の画像検索結果

ピルエットだけでなく、回転系全てに言えることですが「感覚」が重要です。

いかに上手く回れたときの感覚を覚えていられるかが鍵です。

先週は回れたのに今週全然回れないということもあると思います。

ピルエットは個人個人で感覚が違うのですが、回転の法則みたいなのをお伝えしますので、レッスン中思い出したらやってみて下さい!

①真っ直ぐに立つこと

コマと同じように軸が真っ直ぐでないと回るのは大変ですよね。

しっかり軸足を地面に突き刺して真っ直ぐ上と下に引っ張りっこします。回っている何秒かしっかり立てると成功率がアップします。

②顔をつけること

回るときに、見るところを決めてそのスポットに対して回ります。顔をつけることによって、回転にメリハリもつきますし、目も回りにくくなります。

ただ、顔をつけるといっても顔を持っていくのは間違いです。

右回りの場合、左肩が自分の顎の下を通過したら振り向くのですが、顔が肩を迎えに行ったらダメです。しっかり通過するのを待ってから振り向くようにしましょう。

③軸足を抜かさないこと

回る前の4番の時、軸足になる脚が先に立ってしまったり、かかとが引けてしまったりしたらお尻が抜けて失敗してしまいます。

4番から同時にパッセするようにして絶対にフライングしないようにしましょう。

この3つのことを気をつけてやってみてください!

あとは、練習して感覚を身に付けるのみ!

よかったら、是非試してみて下さい!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

道案内お問合せ:品川高輪教室代表電話03-6450-3412受付時間:平日12:00~21:00 土曜12:00~19:00 日曜10:30~19:00
ページ上部へ戻る